自然系節約部

アクセスカウンタ

zoom RSS 【SOHO】120%全力疾走で空回り

<<   作成日時 : 2009/05/26 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットをうろうろしていたらこんな記事を見つけました。

努力厨がはびこれば2020年地球は滅びる。
http://d.hatena.ne.jp/orangestar/20090405/1238941672

「1か月思いっきり120%の力で努力すれば、次の月にはそれが100%の力でできるようになる。そして、その次の月には〜〜」
という感じで10年後には35億人分の仕事ができるようになる。それっておかしくない? という反論。すごくかわいいマンガで描かれています。絵上手ねー、とか思っていたら「となりの801ちゃん」の作者の方だったのですね。



上記の内容には概ね同意。

アジコさんが書かれている文章とは若干違うと思うのですが、昔読んだインタビューか何かで道場六三郎氏が「自分を120%で売り込めば、それに合わせざるを得なくなってどんどん成長していく」みたいな事を言っていたのです(大昔なのでうろ覚え)

その文章を読んだ20代の私は、何故かやたら感銘して常に120%の力で頑張っていた思い出があります。まだ「頑張れば報われる」という空気があった時代のこと。

で、どうだったかというと、疲れました。自分のキャパシティ以上に仕事はしていたと思うけれど、仕事量と幸福度は比例しないですね。色々と空回りしていたように思います

最近は「奥ゆかしく生きる」ことを目標としています。自分を高く売り込まないように控えめに控えめに。むしろこの年齢になってくると謙虚にしていた方が印象が良いようです。私が女性だからかも知れません。

でもねー、若い人は努力してもいいと思うんですよ。たとえそれが無駄な努力でも、散々頑張ってから「無駄じゃね? 80%でやっとこう」と気付くのと、「きっと無駄だから努力しない」と最初から出力を絞っちゃうのとでは、人生の感じ方が違ってくるような気がします。ずっとなんて言わないけれど、2〜3ヶ月くらいは120%の力で頑張ってみてもいいんじゃないかなあ。空回りして失敗したり、痛々しかったりしても若いうちなら許されると思うのです。



あと「120%の力で常に頑張り続けることができれば10年後には35億人分の仕事ができるようになる」ってのは、あながち間違っていないのかも知れません。正直、私ごとき35億人集まっても大した仕事できる気がしませんしね。


となりの801ちゃん (Next comics)
宙出版
小島 アジコ

ユーザレビュー:
オタ×オタ夫婦の旦那 ...
一応・・・気になった ...
腐女子の恋愛コンプレ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【SOHO】120%全力疾走で空回り 自然系節約部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる